売買する商品

ブランド品を売る

買い取りの注意事項について

ブランド買取をする際には以下の注意事項を守りましょう。 まず、買い取りをしてもらうには必要書類として身分証明書の提出が必須です。身分証明書は運転免許証、健康保険証、パスポート、住民票、外国人登録証明書など氏名・生年月日・住所が記載されている公的機関が発行した証明書となっています。提出する身分証明書はコピー(住民票は写し禁止)であり原本ではありません。 また、原則として20歳未満の方の買い取りはしていませんが、買取業者によっては保護者の同意書があれば買い取ることも可能としています。 そして、ブランド買取では一部のブランド品に対してギャランティカード(保証書)も求められます。保証書がないと買取不可の可能性もあるので注意しましょう。

高額査定をしてもらうコツ

ブランド買取で高価査定をしてもらうコツがあります。 ブランド買取では、ブランド品のコンディションが査定額に影響するため、自分でケアできる部分は綺麗にしてから査定をしてもらいましょう。例えば表面の汚れをふき取る、バックの場合は中のホコリやゴミを掃除しておくなど基本的なケアですので難しくはありません。 また、ギャランティカード、保存袋、箱、その他付属品も一緒に出して、購入時と同じ状態で査定してもらうことで査定額アップが期待できます。ちなみにショップの紙袋は付属品には含まれません。 そして最後に、買取業者の中には特定のブランドや商品の買い取りに強い業者もいますので、そうした業者に売れば、より高値での売却が可能です。